お知らせNEWS

カテゴリ
キーワード
総合案内 NEW

ヒートショック予防

2月は暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きます。

 

今回は、是非気を付けていただきたい『ヒートショック』についてお話いたします。

 

"ヒートショック"とは、急激な温度変化で身体がダメージを受けることです。

入浴時のヒートショックが代表的で、ヒートショックを起こす患者さんの9割は高齢の方だと言われています。

 

急激な温度変化で血管が収縮した結果、血圧の乱高下が起こり、心筋梗塞や脳梗塞そして脳出血などを引き起こしてしまいます。

 

めまいやふらつきを感じた事はないでしょうか?それらの症状は、軽度のヒートショックであると言えます。

 

その際は無理に立ち上がろうとせず、体勢を低くして、気分が落ち着くまでじっと待ちましょう。

 

未然にヒートショックを防ぐための方法をご紹介いたします。

 

●脱衣場を温め温度差を少なくする

●お風呂の温度は38~40℃にする

●湯船に浸かる前に掛け湯をする

● 長風呂禁止、湯船に浸かるのは10~15分まで。

●入浴前後にコップ1杯の水分補給をする

●入浴前の飲酒は控える

●浴槽から出る時はゆっくりと

 

以上の項目を意識し、ヒートーショックの予防に努めましょう。

採用情報RECRUIT

必要とされ、感謝される。だから頑張れる。

働く時間や曜日も柔軟に対応し、利用者様と仲間から頼られる仕事に一緒に取り組み、
一生懸命になりませんか

採用情報はこちら

お問い合わせ

CONTACT

訪問看護・訪問リハビリ・医療介護・採用等に関するご不明点やご相談がございましたらお電話、メールにてお気軽に問い合わせください。

お問い合わせはこちら